Biography

ホーム コンサート情報 C D 録音 プロフィール 音楽会批評

ヴァイオリニスト 相曽賢一朗 プロフィール

English    

Photo of Ken Aiso

東京芸大附属音楽高校を経て、東京芸大へ進む。文化庁芸術家在外研修員として英国王立音楽院へ留学し、ロンドン大学より音楽修士号取得、1995年に英国王立音楽院を首席で卒業 。長年ロンドンを拠点にしてソロ、室内楽、オーケストラ、教育で多彩な活動を繰り広げる。

“知性、鋭敏な様式感、説得力のある音楽性に溢れ”(指揮者Sir John Eliot Gardiner)、“絹擦れの音を想わせる繊細にして精妙なトーン”(音楽の友誌)、“格調高い、品格のある音楽。まるで、戦前の巨匠の演奏を聴いているような。”(モーストリー・クラシック誌)と評される。イギリス、東西ヨーロッパ、北南アメリカをはじめ、グルジア、アルメニア、カザフスタン等の主要ホールで演奏する。日本では1997年より毎秋、個性的なプログラムのリサイタル・シリーズを行っている。

ロン・ティボー国際コンクール、日本国際音楽コンクール入賞の他、英国王立音楽院よりベアーヴァイオリン賞等様々な受賞をし、英国音楽界への貢献に対してアソシエイト称号(ARAM)を授与される。その後同音楽院とバーミンガム音楽院で後進の指導に当たる。2003年、両陛下の御前演奏の栄に浴する。

近年はIMSプロシャコーブ(イギリス)、アミレジビ(グルジア)等の音楽祭より定期的に招待される他、モンテシート夏期国際音楽祭(ロサンゼルス)で毎年ヴァイオリンと室内楽クラスを開講している。

エイジ・オブ・エンライトメント管(OAE)、レヴォリューショネ・エ・ロマンティーク管他、イギリスとドイツの 時代楽器オーケスラで活躍し、 ケンブリッジ・キングス・カレッジ合唱団/OAEのフォーレのレクイエムCDのヴァイオリン・ソロなど、録音やメディアによる放送も多数。スコットランド室内管、ロンドン・フィル、ハレ管 では首席奏者として演奏する。

クラシックの枠を超えた活動は、中村明一(尺八)、金森江仙(書家)とのコラボの他、イギリスで 「音楽=瞑想=ヒーリング」のサウンドネス・フェスティバル、小学生との創作コンサートなどがあり、世界各国で障害を持つ子どもたちの施設や病院での音楽による癒しの活動も積極的に行っている。

ヴァイオリンを川田敦子、石井啓一郎、石井志都子、海野義雄、澤和樹、田中千香士、エドワード・シュミダー、エリック・グルンベルクの各氏に師事。イヴリー・ギトリス、ルジェロ・リッチ、イダ・ヘンデル、ヘルマン・クレッバース、アブラム・シュターン、アーロン・ローザンドの各氏よりも教えを受ける。室内楽をアマデウス弦楽四重奏団メンバー、フェランツ・ラドシュ各氏に師事。

2015年9月よりアメリカ、ロサンゼルスに居を移し、現在はローヨラ・マリーモント大学とラ・シエラ大学でヴァイオリン、ヴィオラと室内楽を教えている。
www.crimsonglory.jp(日) www.kenaiso.net(英)

このページのTopへ


KEN AISO   Violin

Ken Aiso is internationally recognized as one of today’s most musical and versatile violinists. Mr. Aiso is praised not only for his singularly beautiful tone, but also for the unique atmosphere of intimacy he evokes as he draws in his audiences.

A prizewinner of the Long-Thibaud Concours in Paris and the International Music Competition of Japan in Tokyo, Mr. Aiso has appeared as a soloist in televised and broadcast concerts with orchestras such as the BBC Symphony, the Orchestra of the Age of Enlightenment and the Tokyo Symphony. As a recitalist, he has performed widely in Europe, the United States and Japan with appearances at prestigious concert halls including Het Concertgebouw in Amsterdam, Wigmore Hall and Queen Elizabeth Hall in London, Rachmaninov Hall in Moscow, Salle Pleyel and Salle Gaveau in Paris, and Suntory Hall in Tokyo. In 2003 he was honoured to appear as soloist before the Emperor and Empress of Japan, and in 2004 he founded the critically acclaimed AISO Quartet.

Mr. Aiso has been invited to perform at renowned International festivals including Menuhin, Cheltenham, Aldeburgh, and IMS Prussia Cove, and has collaborated with Steven Isserlis, Nelson Goerner, Lynn Harrell, David Leisner and John Surman amongst others. He received his musical education in Tokyo, Dallas and London studying with Chikashi Tanaka, Eduard Schmieder and Erich Gruenberg as well as receiving tuition in masterclasses from Ruggiero Ricci, Ida Haendel, Ivry Gitlis, Abram Shtern and Ferenc Rados. His empathy with contemporary music has resulted in several commissions and premieres of works by Alasdair Nicolson, Jonathan Lloyd, Yui Kakinuma, Paul Chihara, Richard Michael and Howard Moody.

With a strong commitment to education and a special rapport with young people, Mr. Aiso enjoys working with children in schools for creative music workshops. He also works with handicapped children, patients and staff in hospital with music. He is a co-founder of Soundness Festival which offers a unique experience of meditation with classical music. Mr. Aiso has given performance classes at the Royal Academy of Music in London where he was elected an Associate in 2005, and has been invited to teach at International festivals including Sangat (Mumbai), Bolivia Clasica (La Paz), and Montecito Summer Music Festival (Los Angeles). Born and raised in Japan, Mr. Aiso long resided in the U.K, and in 2015 September, he moved to the U.S.A. in Los Angels, and teaching violin, viola and chamber music at Royola Marymount Univerisity and La Sierra University.

Top of this page