French Violin Music

ホーム コンサート情報 C D 録音 プロフィール 音楽会批評

CD一覧ページへ戻る

フランス・ヴァイオリン音楽の精華、相曽賢一朗

CD: Quintessence of French Violin Music  フランス・ヴァイオリン音楽の精華
 Quintessence of French Violin Music

 相曽賢一朗(Vn)、サイモン・クローフォード=フィリップス(Pf)
 オクタヴィア・レコード SPEX-OVCX-00001 \3,000(税込み)


 音楽現代2001年5月号 推薦盤

試聴サンプル:セザール・フランク Allegretto ben moderato ※曲の一部を64kbpsで試聴できます。


耳を洗われるような澄んだ美音の持ち主で、その細部まで神経の行き届いた洗練された
感覚は確かにフランス音楽にはうってつけ・・・音楽現代2001.5「音現新譜批評」より
結城 亨(音楽評論家)

セザール・フランク Cesar Franck(1822-1890)	
 ヴァイオリン・ソナタ イ長調
 Sonata in A major for Violin and Piano
  1 Allegretto ben moderato
  2 Allegro
  3 Recitativo-Fantasia: Ben moderato
  4 Allegretto poco mosso

■モーリス・ラヴェル Maurice Ravel(1875-1937)
 亡き王女のためのパヴァーヌ (ルシアン・フルーリー編)
 Pavane pour une Infante defunte (arr. Lucien Fleury)

■リリー・ブーランジェ Lili Boulanger(1893-1918)
 春の朝に
 D'un matin de printemps
 ノクターン
 Nocturne

■セザール・フランク Cesar Franck(1822-1890)		
 アンダンティーノ・クイエトーゾ 作品6
 Andantino quietoso Op.6

■モーリス・ラヴェル Maurice Ravel(1875-1937)		
 “カディッシュ”2つのヘブライの歌より(ルシアン・ガルバン編)
 Kaddisch  from Deux melodies hebraiques (arr. Lucien Garban)
 ヴァイオリン・ソナタ
 Sonata for Violin and Piano
  1 Allegretto
  2 Blues: Moderato
  3 Perpetuum mobile: Allegro 



曲目解説 Program Notes  English

セザール・フランクは1822年12月10日リエージュに生まれ、幼少より同地の音楽院 でピアノとソルフェージュを学ぶ。1834年、息子の名声の獲得に熱心な父親の働きによ り、ベルギー国内の演奏旅行を行う。それが期待していた知名度と経済的な成功を得ら れなかったため、一家でパリに移住。セザールは、年が達すると直ぐにパリ音楽院に入 学し、それと同時に一家の生計を助けるため弟子をとる。この頃から作曲も始めるが、 ピアニストや教師としてほどの収入が得られないため、父親からはあまり良い顔をされ なかった。1842年、フランクは父親によりパリ音楽院を中退させられ、レオポルド王に 自作の3つのピアノ・トリオを献呈するためにベルギーへ戻る。これには、王室がパト ロンになってほしいという期待があったのだが、結果としては作品の予約出版がもたら した多少の印税のほか、レオポルド王からは金メダルを授与されたに止まった。

フランク一家は1844年にパリへ戻るが、その前年、パトロンとなる可能性のある裕福な 家庭でのコンサートで兄のヨゼフと演奏するため、ヴァイオリンとピアノのための小品 を作曲する。アンダンティーノ・クイエトーゾは、そうした音楽好きの貴族の一人で、 フランク兄弟のコンサートを主催したモントンドル伯爵に献呈されている。

フランクは1848年に結婚し、ようやく父親のもとを離れる。10年後、パリのサン・クロ ティルド教会のオルガニスト、1872年にはパリ音楽院のオルガン教授に就職する。今日 の彼の名声を築いている3つの有名な作品−ピアノとオーケストラの交響的変奏曲、ニ 短調交響曲、ヴァイオリン・ソナタ−はどれも彼の死の前5年間のうちに作曲されてい る。

イ長調のヴァイオリン・ソナタは1886年に作曲され、ベルギーのヴァイオリニスト、 ユージン・イザイの結婚式の日に、祝いとして捧げられている。初の公開演奏は、ブリ ュッセルの美術館で12月16日に行われたが、すんでのところで大失敗に終わるところだ ったという逸話が残っている。というのは、当時の館内では絵画を傷める恐れのため、 ガス灯の使用が禁止されており、じきに部屋が暗くなって楽譜が見えなくなってきたか らだ。「行くぞ!」という一喝に励まされた、ピアノのレオンティン・マリー・ボルド= ペーンと共に一気に最後まで弾き切り、難を逃れたという。

フランクは、1890年11月8日パリに没するが、その3年後、1893年8月21日同地にリリー・ ブーランジェが生まれる。リリーの姉で高名な音楽教育者、ナディアは、子供の時 から丈夫で92歳の長命を全うしたのに比べ、リリーはその短い生涯の間、種々の病気に つきまとわれ、大半の人生を家族、特にナディア、や友人に支えられて過ごした。

子供の時から音楽に熱心だった姉ナディアは、8歳までにはピアノとオルガンを弾きこな し、音楽院で授業を受けるようになったが、リリーの音楽的成長ぶりは、これに輪をかけ て、まるで流星のようであった。ナディアも音楽院から数々の賞を受けたが、有名なロー マ大賞を女性の音楽家として初めて受賞したのはリリーであった。リリーは16歳の頃よ り、一家の友人でもあるジョルジュ・コサドとポール・ヴィダルの指導のもとに作曲を始 める。生来几帳面な性格で、手稿譜にはこと細かな記録が残っている。例えば、‘フルー トとピアノのための小品’には次のような書きこみが見られる:“リリー・ブーランジェ/ 1911年9月24,25日作曲/ 25,26日コサドに見せる/ 27日(金)クラス提出/ 1911年11月3日 ナディアに送付。”このフルートの小品が、後にヴァイオリン(又はフルート)とピアノ のためのノクターンとして出版され、ナディアの眼科医の娘の、マリー=ダニエル・ パラントーに献呈されている。

このCDに録音されているフランクの2曲もそうだが、リリー・ブーランジェの2曲も彼女 の作曲家人生の両端の時期に作られている。春の朝には、正に彼女の筆記した最後の 作品のひとつである。チェロとピアノのための‘悲しい夕べに’と対をなして書かれた ‘春の朝に’は、24歳という若さでリリーが生涯を閉じた、1918年3月18日の直前に完成さ れた。

ローマ大賞を受賞した1913年、リリー・ブーランジェのところには沢山の祝辞が届くが、 目の鋭いナディアは、モーリス・ラヴェルから音沙汰の無いのに気が付く。ラヴェルの 筆不精は有名で、いくらリリーの受賞を喜んでいたとしても、彼が手紙を書くことはまず なかったが、そこをナディアは礼儀もうっちゃり、沈黙の理由を問いただす。その結果、 ラヴェルがリリーの受賞を喜んでいたことは判明したが、反面、ナディアとラヴェル間の 関係を、決定的に気まずいものにしてしまった。

その1余年後、ラヴェルは‘2つのヘブライの歌’を作曲。この2歌曲は、セント・ぺテル スブルグ・オペラのソプラノ歌手であった、アルヴィニ=アルヴィ夫人によって委嘱され、 同夫人とラヴェル自身のピアノにより、1914年6月3日に初演されている。この2曲の1曲 目がカディッシュで、ユダヤ教の葬儀の際語られる、哀悼の祈りである。後にラヴェル は、オーケストラ版への編曲もしたが、このヴァイオリンとピアノへの編曲は、友人で、 デュラン社で楽譜の校正をしていた、ルシアン・ガルバンによる。

ラヴェルのヴァイオリン・ソナタが初演されたのは、1927年5月30日、デュラン社の出版 する作曲家の作品発表会である。演奏は、ルーマニアのヴァイオリニスト・作曲家で、 パリ音楽院でラヴェルと共に学生時代を送った、ジョルジュ・エネスコと、ラヴェル自身 によって行われた。しかし、作品の献呈は、ラヴェルの親友で、作曲にあたって助言もした、 エレーヌ・ユルダン=モランジュにされている。

有名な亡き王女のためのパヴァーヌは1899年の作曲。作品の委嘱をしたアメリカ人の エドモンド・ド・ポリニャック王女は、シンガー・ミシン機で財を成した家系に生まれ、 芸術のパトロンであった。本来のピアノ版での初演は1902年、のち1910年の、作曲家自身 によるオーケストラへの編曲版もある。ラヴェルは、曲題の命名について、“純粋に、 題名の言葉の響きによる”と語っている。しかし、あまり遅く演奏された場合、「亡く なったのは王女様だよ。パヴァーヌじゃなくて...」と皮肉なコメントもしている。ここ に録音されているヴァイオリンとピアノの編曲は、フランス人のフルート奏者、ルイ・ フルーリー(1878−1926)によるものである。                            (c)ピーター・エイヴィス                              訳 相曽 賢一朗

Cesar Franck was born in Liege on 10 December 1822 and, as a boy, studied piano and solfege at that city's conservatoire. In 1834, his ruthlessly ambitious father took him on a concert tour of Belgium and, when that failed to provide the expected fame and fortune, the family moved to Paris. As soon as he was old enough, Cesar enrolled as a student at the Paris Conservatoire but, even so, his father still insisted that he should take pupils of his own in order to supplement the family income. By then Franck had also started to compose, an activity not encouraged by his father as it was less lucrative that piano playing and teaching. In 1842, Franck was removed from the Paris Conservatoire in order to be taken back to Belgium to present to King Leopold, in return for hoped-for royal patronage, a set of three piano trios he had composed. Although the trios were published on subscription and achieved a certain amount of commercial success, from the King all Franck received was a gold medal.

The Franck family returned to Paris in 1844 but, during the previous year, Cesar composed a short piece for violin and piano which he and his brother, Joseph, could play at the homes of possible patrons. This Andantino quietoso was dedicated to the Count of Montendre, one of the keen and aristocratic music- lover who provided the Franck brothers with a platform for their music-making.

Franck married in 1848 thereby putting himself, at last, at one remove from his father. Ten years later he took up the post of organist at the church of Sainte- Clotilde in Paris and in 1872 he became Professor of Organ at the Paris Conser- vatoire. It was during the last five years of his life that he composed the those works for which he is now most highly regarded; the Symphonic Variations for piano and orchestra, the Symphony in D minor and the Violin Sonata.

Franck's Sonata in A major for violin and piano dates from 1886 and was presented to the Belgian violinist, Eugene Ysaye, on his wedding day. Its first public performance took place in an art gallery in Brussels on 16 December and could have ended in disaster. As gas lighting was not permitted, for fear of damaging the paintings, it soon became dark making it almost impossible to read the music. However, with a cry of 'Allons', Ysaye encouraged his accompanist, Leontine Marie Bordes-Pene, to race on to the end.

Franck died in Paris on 8 November 1890 and, three years later on 21 August 1893 in that same city, Lili Boulanger was born. While her elder sister, Nadia, was a sturdy child and was to live to a ripe old age - she died in 1979 a month after her ninety-second birthday - Lili was to suffer painfully from various ailments throughout her short life and was to spend much of her time dependent on family and friends, particularly on Nadia.

Although Nadia worked hard at her music as a child - she had become proficient at both piano and organ by the age of eight and was attending classes at the Conservatoire from a similar age - Lili's progress was even more meteoric. Nadia also won many prizes at the Conservatoire but it was Lili who was to become the first woman musician ever to achieve the prestigious Prix de Rome. By the time she was sixteen, Lili had begun to compose, her teachers being two family friends, Georges Caussade and Paul Vidal. Meticulous by nature, she kept careful notes on her manuscripts. For example on that of the Piece courte pour flute et piano she wrote the following: 'Lili Boulanger/ composed on 24th and 25th September 1911/ Shown to Caussade on the 25th and 26th/ Shown to class on Friday 27th/ sent to Nadia on 3 November 1911'. This short piece for flute was eventually published as Nocturne for violin (or flute) and piano and dedicated to Marie-Danielle Parenteau, the daughter of Nadia's oculist.

As with the two pieces by Franck on this recording, the two by Lili Boulanger come from opposite ends of her composing life, indeed D'un matin de printemps was one of the last of her works to be written out in her own hand. Conceived as a companion to D'un soir triste, a piece for cello and piano, D'un matin de printemps was completed shortly before she died on 15 March 1918 at the age of only twenty-four.

When Lili Boulanger won the Prix de Rome in 1913 she received congratulations from many musicians but the eagle-eyed Nadia, noticed that she had not received any from Maurice Ravel. So, throwing tact to the winds, Nadia took him to task for this ommition, ignoring the fact that he was a notoriously bad correspondent and was therefore hardly likely to put pen to paper, regardless of how pleased he felt on Lili's behalf. Although it turned out that he was very pleased for her, the result of Nadia's intervention won a distant and permanent cooling of relation between herself and Ravel.

It was a year or so after this incident that Raval composed his Deux Melodies hebraiques. These songs were commissioned by Madam Alvini-Alvi, a soprano with the St Petersburg opera company, and it was she who gave them their first performance with the composer at the piano on 3 June 1914. The first of these songs is a setting of the Kaddisch, the Jewish prayer of mourning, spoken at funerals. Ravel later orchestrated these songs but the transcription of Kaddisch for violin and piano is the work of Lucien Garban, a friend of the composer who worked as chief proofreader for his publishers, Durand and Company.

As well as publishing Ravel's music, Durand and Company also promoted concerts of music by him and other composers in their catalogue. It was at one such concert on 30 May 1927 that Ravel's Sonata for violin and piano was given its first performance. The violinist was the Rumanian composer Georges Enesco, who had been a fellow pupil with Ravel at the Paris Conservatoire, and the pianist, Ravel himself. The Sonata is, however, dedicated to Helene Jourdan- Morhange, another violinist friend who had helped Ravel with its composition.

Ravel composed his ever-popular Pavane pour une Infante defunte back in 1899 to a commission from Princess Edmond de Polignac, the American heiress and patron of the arts, whose fortune derived from the Singer Sewing Machine Company. First performed in 1902, this piece began life as a piano solo but was orchestrated by Raval in 1910. When asked about its title, he always claimed that he had chosen it purely for its sound but, when it was played too slowly, he would remark that it was the princess that was dead, not the pavane. The version for violin and piano recorded here is by the French flautist Louis Fleury (1878-1926) who, not surprisingly perhaps, also considered this arrangement suitable for his own instrument.                               (c)Peter Avis                               December 2000


CD一覧ページへ戻る